一流大学の教科書 第2章

んにちは!  たかばやしです!

昨日の記事は読んでいただけましたか?

昨日の記事では

『受験に成功する人と失敗する人の差』

についてお話ししました。

その差は

『失敗する人は勉強の量ばかりを重視している』

ということでした。

3時間質の低い勉強をするよりも
1時間で効率的に勉強してほうが
成績は伸びやすい、ということです。

ではなぜこのような
『勉強量がすべてである』という
間違った認識が浸透してしまっているのか?

今回の記事では

「あなたが正しい勉強法を知らない本当の原因」

についてお話ししようと思います。

 

93%の学生が知らない

【成績低迷の原因】?

は今まで数多くの生徒の指導を行ってきました。

また、あなたもこれまで

「絶対に志望校に合格してやる!」

と意気込んで勉強に励んできたことと思います。

しかし、そんな中でも最終的に結果を出し

志望校に合格できるのは一握りの生徒だけです。

あなたの周りの人たちを思い浮かべてみてください…

同じように勉強している人たちであるはずなのに

『すぐに結果が出る人』

『全然結果が出ない人』

がいますよね?

残念なことかもしれませんが

実は95%以上の人はこの後者に属しているのです。

おそらく、このブログを見ている

あなたも今の段階では

『勉強しても結果が出ない人』だと思います。

 毎日4~5時間も勉強しているが成績が一向に上がらない

 勉強の効率が悪く、思うようにいかない

 モチベーションが上がらず勉強を開始するまで時間がかかる

 集中力が続かず、長続きしない

 勉強法がたくさんあって、何をしたらいいかわからない

も昔はこのような悩みを持っていたので

あなたの気持ちは痛いほどわかります。

周りよりたくさん勉強しているはずなのに

自分一人だけが成績が上がらない。

むしろ下がっていくこともありました。

昔も僕は後者の

『勉強しても結果が出ない人』であったので

毎日苦しい生活を送っていました。

では、あなたをそんなことにしてしまう

『成績低迷の原因』は何だと思いますか?

「もともと頭のいい高校に通っているとか?」

「塾に毎日通っていることとか?」

いいえ、それは全く関係ありません!

実は、もっと根本的な、はっきりとした

理由があるのです!

この原因さえ取り除いてしまえば

あなたも短期間で偏差値を10、20と伸ばし

周りのライバルとは格の違う成績を

たたき出すことが可能なのです。

そして、あなたは志望校合格の道を

突き進んでいくことができます。

あなたの成績が上がらない

たった2つの原因とは?

なたの成績が上がらない最大の理由は2つあります。

その2つの原因は

    1. 日本の教育機関に騙されている

 2. 基礎から教えてくれる人が周りにいない

の2つです。

この2つの原因を詳しく解説していきましょう。

1.日本の教育機関に騙されている

されている』とは、具体的に何なのか?

はっきり言うと、あなたは日本の

『教育制度』に洗脳されているのです。

なぜ今では

『塾や予備校に通うのは当たり前』

と受験生は思っているのか…

そうあなたは考えてみたことはありますか?

人は、教育によって考え方は変わり

行動も無意識的に変わってくるものです。

昔の僕もふくめ、多くの受験生の人は

日本の教育制度に『騙されて』いるのです。

あなたの偏差値思うように伸びないのは

あなたのせいではありません。

塾や予備校、学校など

日本の教育機関のせいだと僕は思っています。

大学受験というものはとてもシンプルなものです。

受験生全員が平等で周りより点数を取れば合格

取れなければ不合格です。

そんな単純な大学受験を難しく感じさせているのは

あなたでもなく、僕でもなく教育機関の責任なのです。

では、ここで少し考えてみてください。

あなたが毎日自分の時間を削って

勉強を何時間もしているのに

それでも

なかなか成績が上がっていかない…

モチベーションが上がらない….

自分の勉強法があっているのかわからない…

そう思ることも多々あるでしょう。

しかし、それああなたの責任ではありません。

すべて、100%学校や塾、予備校などのせいなのです

あなたは

『自分の努力したことを結果に結び付けたい…』

『何としてでも志望校に合格したい…』

そう思っているはずです。

第一志望校に受かって

好きなことを、好きなようにできる自由で

楽しい生活をつかみ取りたいと思っていますよね?

だから、学校、塾、予備校などに

年間100万円以上も費やして毎日通っているのです。

   ただ、ここではっきりと言わせてください

  予備校はあなたを合格から遠ざけています!

「そんなことあるわけないじゃん!」

と思う人が多数でしょう。

では、そう思っているあなたのために

『予備校の真実』をお伝えしたいと思います。

       予備校の真実とは

予備校というものは、当たり前ですが

基本的には偏差値の高い人

そうでない人がいますよね。

そんな中、偏差値の高い人

つまりもともと勉強ができる人には

質の高い授業を受けさせています。

一方、もともと偏差値が低い人

勉強が苦手な人にはただ簡単な授業で

『勉強をわかった気にさせる』

点数に結びつかない質の低い授業がほとんどです。

なので、偏差値が低い人は

その人の合格なんて考えていなくて

受かったらラッキー程度なのです。

「だったら、偏差値を意地でも上げて

 質の高い授業を受ければいいのでは?」

もちろんそう考えるのも無理はありませんが

これはあなたがもう1つの秘密を知らないからです。

『その秘密って何ですか?』

では、ここであなたにクイズを出してみます。

大手の予備校で難関大学コースに

在籍している受験生の中で実際に志望校に

合格した人は何人だと思いますか?

実は、200名中多くて30名です。

しかも、その30名の多く奨学生として

予備校側から1年間授業料を大幅に減額

または免除されているのです。

つまり、実際に合格する人は

予備校に入って偏差値を上げたのではなく

予備校に入る前から偏差値が高い人なのです。

予備校は、生徒から偏差値が

高い人を聞き出して、その人に

『授業料を免除するので、うちの所で勉強しませんか?』

という誘いをするのです。

合格実績は、このように

『もともと偏差値が高い人』によって

支えられているのです。

そんな事実を知らずに

勉強法すらわからないまま一般の受験生が

一年間高い授業料だけを払い続けていては

間違いなく不合格になります。

あなたの周りでも、ただ予備校にお金を

落としている人はいるでしょう。

上で話したように、あなたが

もともと頭がよくない限り、塾や予備校は

あなたの偏差値を確実に上げてはくれません。

また、予備校や塾、学校の先生は

その教科のスペシャリストです。

なので、あなたが知らない単語や公式も

当たり前のように知っています。

なので、受験には大事な情報も先生にとっては

当たり前なので、飛ばして先に進んでしまうのです。

そして、授業をうけたものの大事なことは

理解せずにそのまま試験本番になってしまうのです。

塾、予備校などの日本の教育機関の罠

理解していただけたと思います。

つまり、これから受験生として

正しい勉強法を身につけない限りはあなたは

スタート地点に立つことができないのです。

2.基礎から教えてくれる人が周りにいない

れなら、塾や予備校に通わずに自分で勉強するわ」

そう思う人もいるでしょう。

ただ、その場合には自分で

『正しい勉強法』を身に着けていく必要があります。

今、あなたには自分の勉強の

手助けをしてくれて、困ったときに助けてくれる

指導者と呼べる人はいますか?

独学の場合は、自分で本やサイトを

使って勉強の情報を探していきますが

たいていの場合、その人が教えるものは

たいして役に立たない『小手先のテクニック』

場合がほとんどです。

例えば、

『数学の点数を30点あげる方法』

があったとします。

実際、こんなことを書いている人は自分の学歴は

伏せている人が多くネットに転がっている

『小手先のテクニック』だけを

紹介しているようなものです。

なので、自分が知らないことや

できないことを質問されると、すぐに無視して

返事すら返さない人もいます。

   そんな人は信用することはできますか?

        できませんよね。

実際僕も成績が伸び悩んでいるときにネットで

いろいろな勉強法を試してみましたが

ほとんどは質問しても対応してもらえず、内容も

『誰でもわかること』しか書いてないものでした。

では、上でも述べた

あなたには自分の勉強の手助けをしてくれて

困ったときに助けてくれる指導者とはどういう人か?

一番良い指導者とは?

れは、勉強面では、

もともと頭がよいのではなく

勉強ができなかった経験を持ち

それと同時に自分の勉強法を持っていて

一流大学に合格している人

望ましいと言われています。

このような指導者がいるかどうかは

合格不合格に直結するほど大事な部分です。

そのような指導者は

『小手先のテクニック』ではなく

モチベーションの上げ方や

具体的な勉強法も教えてくれます。

質問にもきっちりと答えて

アドバイスもしてあげることもできます。

僕は、ネットでそのような指導者に

出会うことができたおかげで

正しい勉強法を身に着け短期間で成績を

底上げすることができました。

ので、まずは自分の指導者を見つけて

その人にしっかりとついていくことが大切です!

あなたの周りにも良い指導者は

いるかもしれませんし、もちろん僕を

指導者にしていただいてもかまいません!

実際、僕が運営しているところで

学んだ人は偏差値を上げている人が多数です。

今回の記事をまとめると

あなたの成績低迷の原因はこの2つです。

    1. 日本の教育制度に騙されている

 2. 基礎から教えてくれる人が周りに存在しない

この2つは決して忘れないでください。

この2つさえ解決してしまえば

あなたの成績は思いどおりに伸びていきます。

また、それ以外にも

 モチベーションが下がることなく

  周りのライバルを追い越していける

 現在の成績に関係なく一流大学に合格できる

 集中力が上がり、勉強効率が何倍にもなる

 模試では毎回A判定をたたき出せる

 

などのメリットがあります。

具体的な方法はこれから詳細に

お伝えしていくので楽しみにしておいてください。

明日の記事では

    僕の今までの道のりをお話しします。

『偏差値43だった僕が3ヶ月でどうやって

 偏差値を20上げ阪大に現役合格したか』

について話をするつもりです。

今まで話していないことも公開するので

あなたもまだ逆転可能であるということを実感して

モチベーションを上げてほしいです。

明日の記事は21時公開です。

ぜひお見逃しなく!

今日のワーク

今回の記事で学んだことをぜひ僕に教えてください!

何を感じたか、何を学んだか、何でも構いません。

何ごとにおいてもそうなですが

アウトプットができる人は成長が本当に早いです。

「めんどくさい…」

「こんなの意味ないでしょ」

と感じずに、素直にアウトプットできる受験生は

学びの質が全く違います。

素直になることは成長スピードを上げるうえで

一番大事なことになってきます。

僕についてきてもらえればあなたを志望校合格へ導いて見せます。

そのために必要なことと思って行ってください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加