あなたの暗記効率を100倍にします【英語編】

んにちは! たかばやしです!

今回の記事では勉強の基礎であり

誰もが避けることはできない

『暗記』についてお話していきます!

今回は、タイトルでもあるように

『英語』の暗記についてです!

暗記法については

勉強法に関する本や、サイトを見ても

必ずと言っていいほど載っています。

そして、それぞれに違う暗記法が載っていますよね。

そんな中、受験生の人では

「どの方法を使えばいいんだろう…」

と悩んでいる人も多くいると思います。

しかし、安心してください!

数多くの暗記法の中から

僕の受験時代の経験や、多くの生徒の指導をしてきて

厳選した『暗記法』をここであなたに

お伝えしたいと思います!

まず、暗記法をお伝えする前に

1つ言っておきたいことががるのですが、

『暗記法は科目によって異なる』

ということです。

暗記法は1つですべての科目を

網羅できるのではなく、科目ごとの

暗記法が存在するのです。

暗記と言っても、受験生はいろいろなことを

暗記しないといけませんよね。

古文単語、英単語、化学式、数式、用語….

これらすべてを1つの方法で

暗記できるほど受験は甘くはありません。

1つ1つの科目に適した暗記法が存在するので

その方法を極めていく必要があるのです。

今回は英語の暗記法についての記事ですが

これからほかの教科の暗記法も記事にしていくので

それも自分のものにしていってほしいのです。

その方法を極めてしまえば、暗記は

とても楽なものになります。

あなたのライバルが必死に用語や単語を

暗記している中、なただけが暗記を終わらせて

問題演習にかかることができます。

暗記を早く終わらせてしまうことで

勉強時間を長くすることができるのです。

そんなことができれば、ライバルに

負けるはずがありません。

また、試験本番でも、暗記が重要な科目である

英語や、古文で高得点をたたき出すことが

できるようになります。

そんなことが可能になる『暗記法』をお伝えします!

暗記効率を100倍にする

英語の暗記法とは?

語で暗記しなければいけないことは主に2つあります。

1英単語、英熟語

2例文

この2つを暗記する必要があるのですが

この2つは基本的に同じ方法で暗記することができます。

それは

『読みながら、書きながら覚える』

ということです。

具体的な方法を今から説明します。

覚えたい英単語があったとします。

方法はとても簡単で

『英単語を読みながら、5回ノートに書く』

という方法です。

==================================================================

例として、『language』という英単語を覚えたいとします。

その場合は口で『ランゲージ』と言いながら

『language』とノートに5回書いてください

==================================================================

この方法はとても単純で簡単なのですが

行っている受験生はとても少ないです。

特に『書く』という作業をしっかりと

行っている生徒はほとんどいません。

大半の受験生は

「書かなくても覚えられるし」

「いちいち書くのめんどくさい」

と言ってやっていません。

あなたが

「書かなくても大丈夫!」

と自信を持って言えるのならばいいのですが

英単語が全然覚えられない、覚える効率を

少しでも上げたいと思っているのならば

『書く』ということを絶対に

らないようにしてください。

まとめると、英語の暗記法は

『覚えたい英単語を読みながら5回ノートに書く』

ということです!

では、今から早速英単語を

この方法で3つ覚えてみてください!

暗記をさっさと終わらせて

志望校へ突っ走っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加